日本の技術をなめたらいかんぜよ!!

なくてはならないシュレッダー

記事追加日:2015-06-24 11:19:44

家電というよりは業務用かもしれませんが、家庭用のものも現在では多数あるので「シュレッダー」を紹介しますね。シュレッダーは日本が発明したって、知ってましたか?シュレッダーは株式会社明光商会がうどんの製麺機をヒントにして作られたそうです。

はじめ家庭用と言えば手回し式の小さなものが安価でよく見られましたが、個人情報が重要視される様になってからは家庭でもシュレッダーにかけるものが増えた事もあり、企業で使われる様な紙を感知してオートで動くものが出る様になりました。

裁断された紙クズも、最初は麺の様に細く真っ直ぐ長いものが多かったですが、より復元できない様にと今では縦にも切られて小さな屑になるように改良されています。企業向けの機種ですと、2×8mmという細かさにまで裁断できる機種もある様です。顧客情報の処分もこれなら安心でしょうね。

紙以外にもデータの入ったCDやDVDも処分に困るものですが、それらを裁断できるタイプのものも販売されています。それを使えば捨てる際にも心配はいりませんね。

今までの生活に全く無かったものが、今では無くてはならないものになる。日本人の発想力は本当にすごいと思います。

紹介者でごわす

  • 趣味:歴史言葉使い
  • 家電:生きがいだだだ
ページトップに戻る